スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

口コミではコントロールジェルmeで眉毛が薄くなった人多数!

放っておくと眉毛がすぐにぼさぼさになり、濃い太眉にうんざりしていたとしても、コントロールジェルmeで自分好みの眉毛に整えやすくなります。


口コミでも、

今まで色々試しましたが私にはこれが1番あっています。

半信半疑でしたが、使っているうちに効果が現れてきて、購入してよかったと思っています。



といった評判が目立ちます。



■眉毛のボリュームもダウン!

コントロールジェルmeが体毛を薄くしてくれるのはイソフラボンの作用によるものです。イソフラボンが毛根の活動を邪魔して、毛が太く長く伸びるを抑えてくれます。

体毛が濃くなるのは毛根の働きが活発化しているから。頭部の毛根に男性ホルモンが強く影響して髪の毛を増やしてくれるのは、ありがたいものがあります。



けれども髪の毛以外で男性ホルモンが影響してしまうと厄介なムダ毛になってしまうわけですが、イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあります。

コントロールジェルmeを塗った部分にのみ、男性ホルモンの働きを相殺してくれるので、全く別の部位、たとえば眉毛に塗ったのに頭頂部の毛が薄くなるといったことがありません。



眉毛に塗れば眉毛だけだけに効果を発揮して、毛の質を細く弱弱しくしてくれるし、長く伸びる前に自然と抜けるようになってくれます。

眉毛のボリュームがある程度まで落ち着いてくると、眉の形を整えやすくなりますから、メイクも今よりうんとやりやすくなりますね。



■剃っても濃くはなるって本当?

ちなみに、ムダ毛は剃ったり抜いたりすると濃くなる、といった話がありますが、これは根拠のない嘘です。そんなことでは体毛が濃くなることはありません。

体毛はあくまでも男性ホルモンの働きがカギを握っています。男性ホルモンが作用して、毛根に毛をはやす力がある限り、毛は伸びるようになります。



肌に物理的な刺激を与えることで、毛根の発毛力をパワーアップさせることもなければ、男性ホルモンの分泌を増やすこともありません。

眉毛を整える際に、抜いたら濃くなるんじゃないか?と心配する必要はないですよ。




■効果的な使い方

コントロールジェルmeはどんなふうに使うと効果的なのかというとポイントが3つあります。1つは、眉毛をしっかりと洗ってから使うことです。

肌に汚れが蓄積していたら、抑毛成分が肌に浸透するのを邪魔してしまいます。効果が半減するのは当たり前ですよね。



石鹸や洗顔フォームでしっかりと汚れを洗い流し、念入りにすすぎもして確実に洗い残しも落とすようにしましょう。




2つ目のポイントは、出し惜しみしないでたっぷり使うようにすることです。1ヶ月で使い切るんじゃなくて1ヶ月以内には1本使い終わるようなペースが良いです。

特に1本目というのは、自分の肌に合うかどうか?効果があるかどうか?を確かめる目的もあります。もったいないからといって、チビチビ使うのは止めましょう。



口コミで「薄くならない!効果がない!」という意見も見かけるんですが、1回の使用量が少ないせいじゃないか?と思われるケースがちらほらあります。




3つ目のポイントは保管方法です。コントロールジェルmeは添加物がほとんど含まれていないため、湿度や気温、日光に対して非常にデリケートです。

直射日光に当たるのを避け、冷暗所に保管するようにしましょう。おすすめなのは冷蔵庫に普段はしまっておいて、使うときだけ取り出すのが良いですよ。




自分の好みの量まで眉毛を自由に調節しやすいコントロールジェルmeの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓









コントロールジェルmeの口コミ 抑毛効果のメリット


おかげさまで本当にはだの調子がよくなり、ジムに行ってる人にいつも肌がきれいとほめらます。これからもずっと続けていきたいです



ムダ毛も日に日に目立たなくなって、今はムダ毛がありません!なんと言っても肌に透明感が出て、肌が白くなって大喜びしています



まったく生えてこないわけではないですが除毛後はえてくるのが以前より遅いです。




眉毛に除毛クリームを使ってしまった場合、ゼロか1かになります。全てなくすか?それとも残すか?しか選べません。適度に薄くするといったことはできません。

かといって脱毛できる部位でもありません。眉毛は目に近い部分なので、万が一、視力に悪影響を与えてしまったら、失明しかねません。



コントロールジェルmeは、適度に眉毛を残すことができる唯一の脱毛方法だし、眉毛が抜けやすくなるので、毛抜きで眉毛の形を整えるのにもうってつけです。

痛みがかなり小さくなるだけではなく、毛抜きによる刺激も小さくしてくれるんです。コントロールジェルmeを使わずに毛を抜くと、毛の先に生まれたばかりの皮膚がついていることが良くあります。



皮膚の赤ちゃんを取り除いてしまうということは、肌の新陳代謝を乱してしまい、肌荒れを起こすリスクが高くなります。抜いた毛穴に汚れが詰まってニキビや吹き出物ができやすくなります。

コントロールジェルmeなら、肌に負担をかけずに眉毛が抜けやすくなりますから、形を整えるにはピッタリですよ。





自分の好みの量まで眉毛を自由に調節しやすいコントロールジェルmeの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓










1